2011年04月17日

私たちに何が出来るのでしょう?

東日本大震災発生から1ヶ月以上が経ちました。3月11日は私も東京出張中で、羽田空港へ向かう京急電車の中で震度6の揺れを体感しました。その後どうにか羽田空港へたどり着き、空港で1泊させていただきました。暖かい場所で、食料も豊富にあり、毛布もいただきました。ワンセグで刻々と伝えられる状況から想像できる被害の甚大さと被災された方々の状況を思うと、申し訳なく思っておりました。

3月12日朝は、日本人の素晴らしさを体感しました。皆起き出すと同時に言われるまでもなく、毛布をきれいにたたみ、クッションに使っていた段ボールなどをゴミ箱周辺に集めていました。毛布を集める放送があった時にはすでに準備が整っている状況でした。日本人は物心両面で復興できる、と確信のようなものが湧いてきました。その後インタビューされる東北の被災者の皆さんの冷静な受け答えの素晴らしさにも感動しました。

実は周囲の大阪の経営者で、あの日、結構東京で一時難民の経験をされた方が多いのです。東京にいろんなものが集中している一つの例ですね。東京一極集中をさせてしまった大阪人の責任も感じました。大阪はもっと頑張らなあかん。

4月12日、わが社が所属する工場団地組合主催の、青山繁晴氏の講演会がありました。とても熱い講演で、テレビで見る青山氏よりも何倍のエネルギーを使って講演いただきました。福島原発問題から、地震発生地域だからこそ近海に多く埋蔵されているメタンハイドレードのお話、最後は硫黄島の戦没者遺骨収集問題まで、とても熱く語っていただきました。共通している課題は、私たち日本人の覚悟と決断です。福島原発はやはり初動に大きな問題があったようです。水素爆発があった時点から危機を全てお見通しだった米軍の放射能事故処理能力をもっと活用すべきだったのでしょう。さらに、これ以上の原子力発電所の建設が難しくなる中、メタンハイドレードが大きく脚光を浴びるはずですが、石油メジャーの圧力に屈している日本政府は何もしようとしません(わざわざ埋蔵量の少ない地点で調査研究している振りをしているだけのようです)。そして玉砕後の硫黄島で遺骨を並べた上に米軍が作った滑走路をそのまま使用している日本政府。どれも何が大切か忘れてしまっている私たち自身が問われています。情けない日本政府を生み出しているのも私たちですから。

私たちに何が出来るでしょう? まずは日本を物理的な復興だけでなく、日本人の心の復興をそれぞれの家庭で、学校で、会社で行うことが一の出来ることであり、やらなければならないことです。それぞれの立場で出来ることが見えてきます。日本人の素晴らしいDNAを活かしましょう。



posted by やさしいドラゴン at 10:57| Comment(0) | TrackBack(0) | その他雑感
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/44395487
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック