2008年09月18日

講演:「人は何のために生きるのか?」

昨日、和歌山県民文化会館で行われた、盛和塾和歌山主催の市民フォーラム、稲盛和夫塾長による講演「人は何のために生きるのか?」に参加しました。
 
京セラやKDDIの創業者であり、偉大な経営者である稲盛塾長の答えは明確で、まず人は魂を磨くために生きている、生まれたときより魂のレベルを上げて死ぬのが目的であると説かれています。
 
そのために因果応報、善きことを思い、善きことのために行動をすれば、必ず幸福になれることを理解し、また運命は変えることが出来ることを学ぶことが大切であることを、中国の古典を紐解き、またご自身の体験も豊富に散りばめご説明いただきました。
 
難しいテーマ、誰もが答えを求めているテーマを、分かりやすく真摯に伝えておられます。
 
この講演の内容をうまく伝えることが出来ない自分の器量を情けなく思いますが、詳しくは稲盛塾長の著書「生き方」(サンマーク出版)でも学んでいただけると思います。
 
講演の後の懇親会では、ご縁のある素晴らしい方との出会いがありました。宇宙の流れに導かれていることを実感できました。
 
ありがとうございます。ひらめき

 
 
posted by やさしいドラゴン at 12:10| Comment(0) | TrackBack(0) | その他雑感
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/19588560
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック