2008年05月14日

全メンバーで「母の日」に感動・感謝を体感!!

@?.jpg

経営理念にも「感動・感謝」を掲げるWIN。
そのWINメンバーに感動・感謝の機会を与えられているかどうか、はなはだ疑問でした。


そこで女性中心のプロジェクトチームが、「母の日」に全メンバーのお母さんへ、メッセージの入った感謝楯を贈ろうという提案をしてくれました。

楯だけでは味気ないので、プリザーブドフラワーを付けた自立型の楯をデザインしてくれ、しかも箱にも凝って、あっという間にひとつの形を作り上げてくれました。
当初、各メンバーにメッセージを書いてもらうのはなかなか難しいかなぁ、と思っていたのですが、それは杞憂で、短い間にとても素晴らしいメッセージが集まりました。
それをWIN得意のイージーオーダーシステムで作り上げ、離れたところに住んでいるお母さんには「母の日」に到着するように発送し、近いところに住んでいるお母さん達には、それぞれメンバーが持参することになりました。

そして「母の日」の日曜日が明けた今週、数々の感動場面の報告が上がってきました。
●箱を開けたと同時に拝んで仏壇に飾ってくれたお母さん、
● 「こんなもの作っている会社なんやね。ええ会社で働いてるんやね」と言ってくれたお母さん、
●「これナンボするの」(さすが関西のお母さん!!)と、飾る場所をウキウキしながら探してくれたお母さん(多数)、
●朝10時、ヤマト便が届いた瞬間に涙声で電話をくれたお母さん、
●いつもは冷静で涙を見せたことが無いのに、涙を流して喜んでくれた義理のお母さん、
●慣れない携帯メールでゴルフ場にいた義理の息子に感謝のメッセージを送ったお母さん、
いろんな素晴らしいストーリーがありました。

本当に感動・感謝が体感できた素晴らしいイベントになりました。
これをうまく商品化したいなあとも考えています。
父の日のプロジェクトも立ち上がりましたが、これはどうなるか?ハートたち(複数ハート)

 
posted by やさしいドラゴン at 18:18| Comment(2) | TrackBack(0) | 会社のできごと
この記事へのコメント
ご無沙汰してます。いい企画ですね。というか会社ですね。やっぱり社長ご立派だからかな。素晴らしいストーリーに久々に心暖まりました。
Posted by トラッキー at 2008年05月14日 23:33
私も母の日に贈りたいなあ。
娘(嫁)は贈りたいものがなくて困ってるんですわ。喜びそう。
Posted by pecco at 2008年05月15日 00:03
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/14924253
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック