2008年03月27日

「変身」から「ギャオー」

あと2ヶ月で5歳になる我が愚息、今怪獣に凝ってます。

ウルトラギャラクシー大怪獣バトルというTV番組を見てから、夢中なんです。ウルトラ時代の昔懐かしい怪獣達が蘇っていて、一緒に見ている自分も郷愁を誘われます。

今年の初めまで「仮面ライダー電王」命で、何があっても電王「変身」ベルトを離しませんでしたが、今はどこに移動するのも怪獣フィギュアです。知らないうちに相当の数になっていて、移動は大変です。毎晩お風呂に全部持って入り、翌朝お風呂から全部取り出して、リビングの床にばら撒きます。

でもまだ濡れているので、「怪獣がおしっこしてる」と言いながらタオルで拭いて怪獣達をバトルさせてます。

一番のお気に入りは、古代怪獣ゴモラ。適役としてお気に入りは、かつてウルトラマンを倒した宇宙恐竜ゼットン。「ギャオー」と叫びながらフィギュアを戦わせて遊んでますが、見ていると何が面白いのか全く分かりません。でもTVで見たシーンを再現しているのが何となく分かります。

本当はフィギュアについてくる怪獣カードを使ってゲームセンターのマシーンで戦いごっこが出来るようですが、本人まだどうしたら良いのか分かっていません。しかし、TVコマーシャルのせいで、ジャスコのゲームセンターに行けば何かが出来るんだということはうすうす感じているようです。

大人達の陰謀は怖いですね。これでだんだんTVゲームに嵌らせようという仕組みになっているんですねカチンコ
 

posted by やさしいドラゴン at 19:06| Comment(1) | TrackBack(0) | 子供のこと
この記事へのコメント
この気づきは、今のご時世さけては通れないです。しかしこれも一時の事だと思います。ある程度の年齢になってもはまっていると考えものですが・・・
わんぱくでもいいたくましく育て
Posted by at 2008年03月28日 17:23
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/13211349
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック